節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

良いコストダウンは良いコミュニケーションから生まれる

良いコストダウンは良いコミュニケーションから生まれる
 コストダウンを行うと短期的に、企業の利益はアップします。ただし、正しい方法でコストダウンを行わなかった場合、長期的に見た場合、企業に元々あったはずの利益を生むパワーがダウンしてしまうことがあります。正しいコスト削減方法と、その方法を取るために普段から社内で培うべき習慣について考えてみましょう。

目先のコストダウンは利益に直結しやすいが…

 コストダウンを行うと短期的に、企業の利益はアップします。

 特に、人件費などの固定費に対するコストダウンは、その効果を早期に発揮するものです。

 ただし、正しい方法でコストダウンを行わなかった場合、長期的に見た場合、企業に元々あったはずの利益を生むパワーがダウンしてしまうことがあります。

 そこで本日は、正しいコスト削減方法と、その方法を取るために普段から社内で培うべき習慣について考えてみましょう。

コストダウンは理由を伝え成果目標を明確に

 まず、社員にコストダウンを徹底させるためには、何のためにコストダウンが必要なのかを、しっかりと理解してもらわねばなりません。

 この場合、全社員にコストダウンを図る理由と、コストダウンを成し遂げることにより得られる成果を、経営者が自らビジョンと共に提示しなければなりません。

 そして、コストダウン目標は、はっきりしたものでなければ意味がありません。

 削減する理由と共に具体的な数字を目標にすることで、限られた会社の資源から、社員と共に改善すべきターゲットを共有することができます。

 改善すべきターゲットを共有することで、経営者が独自に発見できる表層コスト以外から、社員がヒントを与えてくれるケースもあります。

普段のコミュニケーションがコストダウンの成果を大きく左右する

 現在、コストダウンを図る必要がないとしても、いざというコストダウンの時に備えて、現時点から経営者が社内で育むべき文化があります。

 それは、率直なコミュニケーションを発展させることです。

 スムーズな業務運営は、社内のコミュニケーションからしか生まれません。

 コストダウンをただトップダウンで行っている会社は、「社員の主体性」を求めない傾向が多く、結局成功しないことも多いのです。

 コストダウン成功のカギは、会社の情報共有の方法にあります。

 このようなサイクルは、社員の意識向上だけでなく業務効率もアップさせ、結果的にコストダウンが必要なときに、企業をスムーズに前へ向かわせる原動力となるのです。

2016年7月13日

コストダウン 節約 トップダウン コミュニケーション 主体性 業務効率

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。