節約 社長
大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

念願の蕎麦屋を始めたが儲からない…中高年がハマる起業のワナ

念願の蕎麦屋を始めたが儲からない…中高年がハマる起業のワナ
 夢に描いた念願の蕎麦屋を開いても、繁盛店になっているという話は滅多に聞くことがありません。蕎麦が大好きで、蕎麦を打つことも大好きなのに、なぜ自分の蕎麦屋は儲からないのか?と嘆く方のほうが圧倒多数なのです。もしかすると、このような場合、起業前に検討しておくべき4要素を検討していない可能性がありそうです。

老後に念願の蕎麦屋を開いたが全く売れない…

  定年退職したら、蕎麦屋をやりたい!

  蕎麦が大好きで、あちこち食べ歩き、蕎麦打ち教室に行って、蕎麦の打ち方も習った。

  だから、定年後には蕎麦屋で起業したい。

 このように思っていらっしゃる方が、シニア層には結構いらっしゃいますよね。

 ところが、夢に描いた念願の蕎麦屋を開いても、繁盛店になっているという話は滅多に聞きません。
  • 自宅を改造して店にし
  • 売上げがあまりなくても
  • 今までの貯金で生活の心配はない
 こんな状態ならば、やってもいいでしょう。

 しかし、蕎麦屋の売上げで老後の生計を立てることが目的ならば、このような動機で起業することは避けた方がいいでしょう。

 一体なぜでしょうか?

 自宅を改造して始めるならば家賃は掛かりませんが、多くのお客様の来店が見込めるような場所を借りると、そこには家賃の支払いが発生します。

 この支払いは、売上に関係なく固定的に毎月出ていってしまうコストです。

 売上げが少ないと、固定コストが大きくのしかかってきます。

 また、店を始めるには、改造費や什器備品代などのイニシャルコストも掛かります。

 更に、毎日立ち仕事です。年齢とともに体力もきつくなり、商品の品質を維持するのには、困難が伴います。

 なぜこんなに頑張っても結果が出ないかというと、始める時に成功するため必要とされる4つの要素を、きちんと検討していないからです。

50代からの起業に必要な4つの要素を検討せよ

 50代以上の方が起業するには、「情熱」「市場性」「コスト」「適正」の4つの要素を検討する必要があります。

 1つずつ見ていきましょう。

1)情熱

 情熱とは、「本当にそれが好きでやりたくて仕方がないこと」に注がれる感情です。

 先ほどの例で言えば、蕎麦が大好きなので、これはクリアしています。

2)市場性

 次に必要とされる要素は「市場性」です。

 その事業の需要はあるのか?需要はあるけれども、新たに入り込む余地があるのか?ということを検討する必要があります。

 蕎麦屋は年々店舗数が減少しています。

 なぜなら、蕎麦を外食する、あるいは出前を頼むという需要が減少しているからです。

 このような中で事業を行っていくのは、よっぽどの優位性が無ければ厳しいことですよね。

3)コスト

 3つ目に必要な要素はコストです。

 これには、イニシャルコストとランニングコストという、2つの種類があります。

 退職金をイニシャルコストに突っ込んでしまい、老後の生活資金がなくなってしまう、これでは不安で仕方がないですね。

 また、売上げに関係なくランニングコストは出て行ってしまいます。

 まるで家賃を払うために商売をやっているようだ、こんな声は多々聞かれます。

 中高年が起業する場合は、イニシャルコストとランニングコストを、可能な限り低く抑えられるような業種を選ぶ必要があるのです。

4)適正

 4つ目に必要とされる要素は「適正」で、これにも2種類の意味があります。

 それは、体力的な適正と性格的な適正です。

 中高年が起業する場合、今は出来るかも知れないが、果たして、5年後、10年後も体力的に大丈夫か?これをしっかり見極めることが大事です。

 体力とともに、性格的な適正も検討する必要があります。

 蕎麦を作ることは好きだけど、お客様と話をすることは苦手、こんなこともありますよね。

 適正が合わなければ、一つ目の要素である「情熱」にも、大きな悪影響を及ぼしてしまう場合があります。

大好きなことで起業する方法は山ほどあるはず

 では、蕎麦が大好きな人が、店を持つことは避けた方がいいのであるならば、一体どうやって起業どうしたらいいのでしょうか?

 あくまでも一例ということで、以下上げてみましょう。

 蕎麦の打ち方を教える趣味の蕎麦打ち教室
 趣味で蕎麦を打つ人に蕎麦づくり道具の販売
 蕎麦の食べ歩きツアーと蕎麦の講義

 蕎麦を使った料理教室
 蕎麦によるダイエット教室
 高血圧に対応した蕎麦の取り入れ方教室

 蕎麦屋専門の販売促進の提案
 蕎麦屋専門のホームページづくり
 蕎麦屋専門のネット活用集客セミナー

 蕎麦の産地への地域活性化提案
 蕎麦の産地への需要促進策の提案

 このように、店を持つ以外にも、大好きな蕎麦をベースに、ビジネスとして始められることは色々考えられます。

 「情熱」「市場性」「コスト」「適正」この4つの要素が満たされているか、ご自分のやろうとしているビジネスに当てはめて、起業前に検討してみることをお勧めいたします。

2016年7月6日

固定コスト 市場性 ランニングコスト イニシャルコスト 体力 ビジネス 適正 コスト 市場性 情熱 シニア起業 起業

大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。