節約 社長
小林ノブヒロ事務所
小林ノブヒロ事務所税理士

ホームページ

テクニックに溺れるな!融資を受ける上で一番大事なこと

テクニックに溺れるな!融資を受ける上で一番大事なこと
 企業が融資による資金調達を行うことは、健全な身体を維持するために必要となる、豊富な食事や水分を摂取するのと同じような行為です。融資を受けるには様々なテクニックがありますが、要するにお金を必ず返してくれる人かどうかを、金融機関は必ず審査します。そこで大事なのがマインドをどう持つべきか?ということになります。

健全な企業運営を行うためには融資が必要だ!

 企業が融資による資金調達を行うことは、健全な身体を維持するために必要となる、豊富な食事や水分を摂取するのと同じような行為です。

 ところで読者の皆様は融資を受けるにあたって、一番重要なポイントは何だと思われるでしょうか?

 WEBや書籍などで様々な方法が紹介されていますが、根幹のポイントを押さえていないと、それは単なるテクニックになってしまいます。

 なぜなら、お金を借りるお願いというのは、たとえその用途がまっとうなものであれ、何か気が引けてしまう、腰が引けてしまう、という心情を誰しもが持つものだからです。

融資を受ける上で「人間性」が重視される時代

 融資を受ける上で一番重要なポイント、それは「毎月きちんと必ず返済してくれる人、会社だと金融機関に思ってもうらこと」です。

 聞いてみれば、本当に当たり前のことですが、このポイントを押さえないで融資に臨む方が多く見受けられます。

 事業計画書の書き方や面接での応対、様々なテクニックがありますが、要するにお金を必ず返してくれる人かどうかを、金融機関は必ず審査します。

 私自身も、お客様の幾つもの現場に立ち会いサポートするなかで、このポイントに気付きました。

 原則はたった一つ。

 このポイントを押さえて事前準備を重ねれば、心配ご無用・・・とまでは言い過ぎですが、ご不安の多くは解消されます。
ポイントを押さえた後は・・・

 では「毎月きちんと必ず返済してくれる人、会社だと思ってもらう」ためには、どのようなアピールをする必要があるのでしょうか?

 それは、
  • 「経営能力を数字を絡めてアピールする」
  • 「真摯な姿勢と誠実な人間性をアピールする」
 の2点に尽きます。

 融資に関する判断の多くを、金融機関は決算書によって返済できるか否かで判断しますが、一般的に中小企業の決算内容はあまり良くないケースが多いものです。

 しかし、決算内容が判断の全てではありません。決算書は過去のデータです。

 金融機関は過去の実績を重視する傾向がありますので、判断のウエイトが大きいのは間違いありませんが、過去のデータからは、会社の潜在的~将来の経営能力、取り組み、事業計画などは読み取れません。

 この時に必要となるのが、「真摯な姿勢と誠実な人間性をアピールする」ことです。

 近年重視されている「事業性評価」では、特にこの点が重要になります。

審査担当者が感じる不安を解消することが必要

 金融機関の審査担当者も本音を言えば、できる限りお金を貸したいのです。

 何しろ、審査担当者のノルマもありますし、金融機関自体が金余り(融資先不足)状態の時代です。

 決算内容があまり良くなくても、ほかのポイントで何とか救い上げたいという気持ちもあります。

 その辺りのポイントを押さえて、審査担当者が感じる不安をこちら側から解消してあげれば、「毎月きちんと必ず返済してくれる人、会社」だと思ってもらえると考えます。

2016年6月29日

事業性評価 融資 金融機関 審査担当者 事業計画 決算書

小林ノブヒロ事務所
小林ノブヒロ事務所税理士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

小林ノブヒロ事務所 さんへ問い合わせ

問い合わせ