節約 社長
ショーン
ショーン

イチローの本質的な偉大さは数字より過程の中に見いだされる

イチローの本質的な偉大さは数字より過程の中に見いだされる
 メジャーリーグ3,000本安打という偉業を目の前に控えたイチロー選手に、熱視線が集まっています。どうしてもイチロー選手は数字によって偉大さを語られがちですが、彼の本質的な凄さは、全く別のところにあると筆者は考えています。同じプロフェッショナルとして、私達が彼から学べることを考えてみましょう。

イチローの凄さは数字と別の場所に存在する!

 メジャーリーグでの3000本安打という偉業に向けて、カウントダウンに入ったイチロー選手。

 遂に今朝方は、ピート・ローズの打ち立てた歴代最多安打4,256本という記録に並びました。

 メジャーリーグ殿堂入りは現時点でも間違いないと言われ、応援している方も多いのではないでしょうか?

 イチロー選手の凄さを語る上ではまず、10年連続200本安打を達成した正確無比なバッティング技術や、打ち立ててきた数字の記録が取り上げられますが、私は彼の凄さは違うところにあると考えています。

 今年42歳になったイチロー選手の本質的な凄さとは、これだけ長い期間に渡り最前線で活躍し続けるため、彼が自らのコンディションを常にベストな状態で維持してきたことなのではないか?と思うのです。

 数字や結果が先なのではなく、ベストなプレーをするべく継続してきたコンディション調整があって始めて、彼の記録は生み出されていると。

 実際に、イチロー選手は数字について常々、「自分ではそれほど意識していない」「重要視していない」とマスコミにコメントしていますが、あれを単なる強がりだと邪推するなら、それは彼の本質的な凄さを見誤っているかもしれません。

イチローに学ぶ無事之名馬(ぶじこれめいば)

 競馬にも「無事之名馬(ぶじこれめいば)」という格言があります。

 怪我をしない馬こそが名馬である、という意味ですが、スポーツの世界においても、この原則は同様に当てはまります。

 そして、この格言を本当の意味で体現しているのが、イチロー選手と言ってよいでしょう。
  • 毎朝カレーを食べること
  • 特注のトレーニングマシーンで体の柔軟性維持に努めていること
  • 遠征にはマイ枕を持参
  • 試合がある日のタイムテーブルはカッチリと決まっている
 これら、イチロー選手独自のこだわりは、これまでもメディアで多く紹介されてきました。

 多くの人が「イチローってすごいこだわりを持っているよね」くらいにしか捉えてなかった、これらのマイルールは、すべて「長い間怪我をせず活躍し続ける」ためのものであると考えれば納得できます。

 多くのヒットを打つことも大事ですが、その前にまず自らの肉体を最高の状態でキープし続けることの重要性を、イチロー選手自身が昔からよく分かっていたのでしょう。

最高の仕事はコンディション管理から始まる

 さて、ビジネスの現場を見れば、自らのコンディション管理に、ここまでこだわっている人は殆どいません。

 しかし、イチロー選手が野球のプロフェッショナルであるならば、私たちも各ビジネス分野におけるプロフェッショナルであるはずです。

 にもかかわらず、ダラダラと夜遅くまで残業してみたり、深夜まで飲み歩いてみたりして、午前中はデスクでボーッとして過ごす人が多いのは、とても残念なことです。

 単純作業が機械に取って代わられることは遠くない未来の話であり、もはや避けようがありません。

 私たち人間にしか出来ない仕事は、考えることや判断することに集約されていくはずです。

 そのような仕事が、ボーッとした頭で出来るはずもありません。

 これからはビジネスにおいても、自らのコンディションをいかに整えるかが、最重要課題になってくるのです。最高の仕事は最高のコンディション管理から生まれます。

 経営者の方々も部下に「頑張れ!」と言うのではなく、これからは「しっかり体調を整えろ!」という時代がやがて来るでしょう。

 10年以上もメジャーリーグで活躍し続けるイチロー選手の報道を見て、そんなことを考えていました。

画像:ウィキペディア:イチロー

2016年6月16日

無事之名馬 ビジネス メジャーリーグ コンディション 体調管理 イチロー プロフェッショナル

ショーン
ショーン

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。