節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠
 コストダウンを行うと短期的には、利益がアップしやすい状態となりますが、目標がはっきりしないコストダウンや、ターゲットが明確になっていないコスト削減は、かえって会社の業績に悪影響を及ぼす場合があります。何よりも経営者と社員がコストダウンについて情報共有することが大事です。

コストダウンもやり方を間違えれば利益パーに

 コストダウンを行うと短期的には、利益がアップします。

 ただし、正しい方法でコストダウンを行わなかった場合、長期的に見ると利益を生むパワーも、同時にダウンしてしまうことがあります。

 コストダウンを、どのように企業の活性化へつなげれば良いのでしょうか?

コストダウンの目標とターゲットは明確にせよ

 まず、社員にコストダウンを徹底させようとしても、目標がはっきりしないと全く意味を成しません。

 また削減方法を考えて実行する前に、目標にする具体的な数字が必要になります。

 それを目標にすると、改善するターゲットがはっきりします。

 更に目標にしているもの(削減目標)を定量化していくと、社員も意識しやすく焦点がブレません。

 社員も経営者も同じ目標に向かうことで、協働意識が生まれます。そうなれば社内の情報共有化が進みます。

 日頃から業務運営がスムーズに行われている職場では、コスト削減の成果が出やすくなります。

 スムーズな業務運営は、社内のコミュニケーションが成功している証であり、情報の共有化が進んでいます。

コストダウン成功の鍵は社内の情報共有円滑化

 コストダウンをただトップダウンで行っている会社は、「社員の主体性」を求めない傾向が多く、結局成功しないことも多いのです。

 コストダウンの成功のカギは、会社の情報共有の方法にあります。

 また日常業務の改善や管理努力が良い結果を生み出し、社内の業務や生産構造も変わっていきます。

 そうなれば社員報酬も変わるので「好循環」になります。

 このようなサイクルは社員の意識向上だけでなく業務効率もアップさせます。これが結果的に企業の力となります。

2016年6月9日

コスト削減 業務改善 報酬 業務効率 コストダウン 経営者 従業員

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。