節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

経営者なら知っておきたい「坂本”竜馬”」が言った?!4つの名言

経営者なら知っておきたい「坂本”竜馬”」が言った?!4つの名言
 事業者が好きな”りょうま”は実像でなく、司馬遼太郎さんが書いた『竜馬がゆく』の竜馬だということを、読者の皆様はご存知でしょうか?存在したかはわかりませんが、事業者が大好きな”りょうま”が言ったと伝わる名言を、現代の経営者の実情に重ねながら、キミアキ先生がオモシロおかしく紹介してくださいます。

実は「竜馬がゆく」の坂本”竜馬”はフィクション

 今日は事業者に大変人気のある、坂本龍馬さんの名言を取り上げようと思います。

 坂本龍馬さん、本名はこちらの「龍馬」さんなんですね。で、龍馬さんには別名で”竜馬”という名前もあります。

 敢えて「りょう」の字を変えているパターンの表記があるんですが、こっちはいわゆるフィクションなんですよ。

 代表的な例として、事業者が好きな”りょうま”は実像じゃなくて、司馬遼太郎さんが書いた『竜馬がゆく』の竜馬。こっちの方が皆さん好きなんですよね。

 ですから、創られた竜馬というのが大好きで、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』では明治維新の立役者、明治維新の英傑として描いてあるんですね。

 土佐の脱藩浪人がですよ、これだけのことをやり遂げたんだ!ということなんですけれど、実際に坂本龍馬という人間本人を追っていくと、ただの武器商人じゃねぇの?!みたいなことにぶつかる訳なんですよ。

 でもそれじゃあ浪漫が無い!

 竜馬好きは「いや!竜馬はそんなんじゃ無いんだ!違うんだ!」みたいに、現時点でなられますよね(笑)

 やっぱり司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』の”竜馬”の方が、事業者として好きになりやすいですよね。

 ここからは、『竜馬がゆく』バージョンで語り継がれる、竜馬の名言から代表的な4つをご紹介したいと思います。

名言1:いったん志を抱けば弱気になるなかれ

  ”いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。

 たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ”


 いったん志を抱いたら、その方向にむかって事が進捗するような手段だけ取れよ〜!ってね、いやしくも弱気を発してはいけない。

 この文章は如何にも、ハッパ掛ける系の社長が好きそうな言葉です!

 その気になってこういうこと言って、従業員にハッパ掛ける社長さんは結構いらっしゃいます。

 ハッパ掛ける系の社長の傾向として、大体が年初に今年の抱負とか目標とかを従業員に書かせます。

 それでもって、従業員の方も一応乗っかってあげれば良いのに、真剣に考えちゃったりして、結局殆どの人が「頑張ります」しか書けません。

 こちらとしては、どうせそんなもんだろうって想定内ですけど、社長は自己満足でやっちゃうんですよね。

 竜馬のような人間は、そうそういないので、人にあまり求めちゃいけないというお話です。

 そもそも”竜馬”が存在したかも、わからないわけですが(笑)

名言2:俺は落胆するくらいなら次策を考える

 それから、 ”俺は、落胆するよりも、次の策を考える人間だ。” っていうのもありますね。

 人間っていうのは本当に弱いもので、特に事業者なんてホント失敗の連続な訳ですよ。本当に落ち込むんです。

 社長であっても普通の人間なんですから、そりゃあ失敗すれば落ち込むし、上手くいかないと落ち込むんですよ。

 「俺は、落胆するよりも、次の策を考える人間だぁ!」なんて言ってもね、やっぱり落ち込む時は落ち込むものです。

 でも、それでもやっぱり社長さん方って、次の策を考えて頑張るんですよね。なぜならあまりに失敗の数が多いですから、それに慣れちゃうんです。

 人の失敗も許せるようになりますしね。

 失敗することが悪いことなのではなくて、立ち上がらない自分が悪いんですよ。

 そんな時「もう一回やってみよう!」って自分を奮い立たせてくれるのは、こういう名言だったりしますよね。

名言3:議論に勝っても人の人生は変えられぬ

 更に、 ”俺は議論はしない、議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ” という名言もあります。

 これはですね〜、本当に議論をしない人のほうが、人が離れて行かないです。

 お客様を見てるとわかるんですけれど、議論好きとか、それから正論好きっていうのは、人がどんどん離れて行くんですよ。

 つまりですね、人間ってのは汚いモノですよ。もともとは。

 だから、いくら正論振りかざして、議論して相手を打ち負かしても、そんなの全然尊敬されないんですね。

 竜馬が本当に言ったのかどうかは知らないけれど、竜馬が言ったとされている名言は、色々な場面で経営に使えるんですよ。

 例えば、営業においても議論して、要するに説得して売るというのは、愚の骨頂。

 説得しなくちゃ売れんようなモノは最初から売るな!と。

名言4:自分の手柄は十中八九他人に渡すべし

 お次は『男の仕事』みたいな感じなんですが、 ”事は、十中八九まで、自らこれを行い、残り一二を他に譲りて功をなさむべし。” という名言もあります。

 要するに手柄は相手に与えてあげろということで、自分が十中八九やったとしても手柄は相手に与えなさい、と竜馬は言います。

 実は、男社会においてはこれをやって行かないと、確実に生きて行きにくくなります。

 手柄を誰に渡すかという時に、やっぱり仕事が出来る人ほど、相手を立てます。

 「◯◯さんのおかげで今回も上手く行きました^^」とか言って、相手に手柄を譲ることが上手いんです!

 本当のところは、十中八九自分でやってるんですが、絶対に相手を褒めて、「お陰様でした」という風にやっていくんです。

 男社会というのは、とにかく顔で生きてますので、相手の顔を潰す事は絶対駄目ですしね、相手の顔を上げてナンボなんですよ。

 ですから、坂本龍馬という人間が『竜馬が行く』で祭り上げられてるんですけど、本当にこういうことが出来ているから、逆にみんなが好きになっちゃうんでしょうね。

 実際はどうかわかりませんよ?!

事業者が男として惚れる「漢」それが竜馬だ!

 『竜馬が行く』の坂本竜馬というのは男が、漢(おとこ)として惚れてしまうようなところがあります。だから、事業者の方も沢山の方が竜馬をお好きなんでしょうね。

 事業者を簡単に3つにぶった切ったら、私が業務を行う東京・中野ってのはサブカルチャーの街ですから、3分の1位は戦国時代好きですね。

 それから3分の1が幕末好きで、あとの3分の1はガンダムや銀河英雄伝説などアニメ系が好きですよね。

 幕末も非常に人気があります。

 坂本竜馬の名言は本日ご紹介したように沢山ありまして、ウソかホントかわかりませんが、みなさんも経営に役立ててみてはいかがでしょうか?


 

2016年5月13日

名言 失敗 従業員 経営者 議論 幕末 竜馬がゆく 坂本龍馬

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ