節約 社長
フランチャイズWEBリポート
フランチャイズWEBリポート

ホームページ

ローソンとファミマ 経営統合で2位を奪取するのはどちら?

ローソンとファミマ 経営統合で2位を奪取するのはどちら?
 コンビニ業界の2位につけるローソンと3位につけるファミリーマート、両者の戦いがついに始まります。それぞれ他社との経営統合を行っていますが、その思惑は全く性格の違うものとなっています。更に経営統合後には、看板替えが行われますが、統合先に対する対応方法も両者では全く性格の違うものです。果たしてどちらが勝つのか?コンビニのプロがズバリ予想しました!

2位・ローソンの動きを追うファミリーマート

 コンビニ業界は、昨年の大規模な経営統合が浮上し、業界3位のファミリーマートと4位のサークルKサンクスを2016年9月に経営統合し、社名を「ユニー・ファミリーマートHD」にするほか、コンビニのブランドを「ファミリーマート」に統一すると発表しました。

 ファミリーマートとサークルKサンクス統合後のコンビニ店舗数は、およそ1万8,000店(2015年12月末現在)と、王者のセブン-イレブン・ジャパンに続く、業界2位のポジションになる見込みです。

 このように業界動向が活発化する中で、現在の業界2位ローソンはどのような動きを見せているのか?読み解いていきたいと思います。

 ローソンの経営統合には、2つのキーワードがあります。

 それは「病院店と店内調理」×「地域性と健康店」で、それぞれ狙いが違うと私は、読んでいます。

 まずは、群雄割拠の局地戦から出店戦略を読み解いていきます。

関東エリアの出店現状:関東ではローソンが店舗数では勝つ可能性大

節約社長
節約社長
 各社とも収益構造が高い関東エリアでの出店エリアの争奪戦は、厳しい環境下で闘っています。

 ただし、ローソンが仮にポプラとスリーエフを統合できた場合には、ローソンがファミリーマートに総店舗数で勝つ可能性がでてきます。

 これは非常に大きなメリットを生み出します。

中国・九州エリアの出店現状:ポプラと経営統合できればファミマにも勝てる!?

節約社長
節約社長
 同じように中国・九州エリアでも、ローソンはポプラを経営統合できれば、ファミリーマートより店舗数で優位性が生じます。

 この2つのエリアを抑える意味は、ローソンにとって非常に大きな収穫をもたらします。

 その理由は、以下お伝えしてまいります。

ポプラとの経営統合による狙い「病院店と店内調理」

 ポプラは、広島を中心に西日本に展開していますが、出店戦略では病院店舗を多く持っているのが特徴です。

 ローソンはポプラと経営統合することにより、病院店シェア日本一になる可能性を有しています。

 これが実現すると、ローソンは健康ステーションの戦略を、より明確化することができます。

 次に、駅中心の立地が多いことを活かしたポプラの「店炊きごはんポプ弁」や、ローソンの店内キッチンによる「まちかど厨房」と言った、店内調理の商品開発が共同で進められるのではないかと考えています。

スリーエフとの経営統合による狙い「地域性と健康店」
次のページへ >>

2016年3月15日

オーナー 経営者 業界再編 セブン-イレブン サークルKサンクス ファミリーマート スリーエフ ローソン

フランチャイズWEBリポート
フランチャイズWEBリポート

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。