節約 社長
カナリ総合会計事務所
カナリ総合会計事務所

ホームページ

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット
 経営者の方の多くは、自分の事業に想い入れを持って、実務にあたっていることと思います。ところが自分が考えている想定利益を下回る収入しか得られていないとしたら、本当にその事業は行う価値があるものなのでしょうか?管理会計の埋没費用(サンクコスト)という概念を理解すると、経営者が意思決定を下す際には、過去の費用に囚われないことの重要性を学べます。

投資に対して満足行く結果が出なかったら?

 突然ですが、読者の皆様に質問です。

 あなたはとあるプロジェクトチームのリーダーです。

 プロジェクトには既に1,000万円もの予算を投入していますが、想定利益の50%程度しか実現できていません。

 さて、あなたはこのプロジェクトを継続しますか?それとも撤退しますか?

埋没費用に囚われると非合理な選択を行いがち

 管理会計を知らないと「これだけ費用をかけたのだから、今更後にはひけない。」と意地になってプロジェクトを継続してしまいます。

 立ち上げたプロジェクトは撤退しようが継続使用が戻ってきません。この1,000万円のことを埋没原価(サンクコスト)と言います。

 ビジネスでは、埋没原価を意識してはいけません。

 経営判断を下す際には、過去の費用に囚われることなく(=無かったものとして)、意思決定を下す必要があるのです。

 最近のニュースですと、2月末にLINEは、自社が運営するフリーマーケットアプリ・LINE MALLサービスを、春先に終了することを決定しました。

 サービス開始からわずか2年程度です。

 LINE MALLには相当のコストが費やされたはずですが、CtoC市場は既にメルカリの1強状態。

 このまま継続するほうが非合理的という判断でしょう。冷静な判断です。

サンクコストに囚われないことのメリットとは

 ビジネスはもちろん、継続して成功する場合もありますし、「諦めず信念を持ってやってきたから成功した」と成功した経営者の方の多くは語ります。

 しかし、管理会計の概念から言うと、サンクコストに囚われないことは、オポチュニティコスト(機会費用)を手に入れるチャンスともなります。

 まさに「時は金なり」なのです。

 過去の経費に囚われるのでなく、冷静な判断により意思決定をしていただければと思います。

2016年3月8日

経営判断 ビジネス ライン サンクコスト 埋没費用 経営 経営判断 経営者 メルカリ

カナリ総合会計事務所
カナリ総合会計事務所

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。