節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

家族経営ってクソだよな じゃあどうすれば良いの?という話

家族経営ってクソだよな じゃあどうすれば良いの?という話
 現代社会において、働く側から見ると家族経営の会社は、クソみたいな職場と見なされやすいのが現実です。とはいえ、日本の企業は95%が同族経営で成り立っていますので、経営者の多くが家族を会社に入社させているのも現実です。そこで、キミアキ先生が「家族経営の経営者が気をつけるべき点」について、アドバイスしてくれます。実務から採用、給与まで話題満載です。

従業員は皆思ってる“家族経営ってクソだよな”

 今日は家族経営って働く側からすると、クソみたいな職場だよな。というのがテーマです。

 私共も(家族経営)やっているものですから、物凄く気を使っています。

 働く側の身になってみても、まず、家族経営の会社は良い職場にはなり得ません。

 夫婦ふたりならまだしも、子供・子供の嫁・親戚まで会社にいるなど、関係がぐちゃぐちゃになってくると大変になっていきます。

 そこで経営の視点から、家族経営を見た時に注意したい点を考えてみましょう。

新規取引先を二代目が取れない会社はヤバイ

 まず最初に家族経営をしている会社の場合、主要取引先は創業者が作っていることが多いものです。

 現在のビジネスモデルができたとき、誰と付き合うか、取引先・仕入先・銀行、これらはほとんど創業者が作っています。

 そこに家族や従業員が混ざって、取引先との関係が作られている事が多いのです。

 ところが、会社というものは新規取引先を取り続けなければ絶対に潰れてしまうんです。

 うまく2代目に引き継ぎができている会社は、2代目が新規取引先を取ってきます。

 新規取引先の開拓を先代・創業者に頼っている家族経営の会社は、極めて危ないです。

家族経営するなら難しい仕事は家族がまずやる

 次に創業者・2代目が、人材構想を考える中で「本気で優秀な人材を集めたい」と思っているかどうかで、家族経営は分かれ目を迎えます。

 優秀な人材を集めたいと思っていて、「家族がいると優秀な人材が働きにくい」など家族に問題があると気づくケースだと、経営者は家族と経営を分離するか否か、決断をする必要があります。

 なぜなら、創業者の経営者が感じる事が多いですが、「人は理屈では動かない。」からです。

 経営者と従業員には圧倒的な、力量・才能・馬力の差が必要です。その差がないと従業員は、言うことを聞いて動いてくれません。

 それでは家族経営で力の差を見せていくとなると結局、難しい仕事を家族で引き受けなくてはなりません。従業員さんに任せてはダメです。

 会社で一番難しい仕事って何かというと、新規取引先を増やしていくということなんです。難しいし、会社を生かすためには、絶対に逃げられない仕事です。

 従業員さんは、基本難しいことから逃げたいわけですから、日々のルーチンでも、少し難しい新しい仕事が来た場合など、家族で受ける事が大事です。

優秀でない家族を受け入れるなら電話番から

 更に、家族経営の経営者には、「娘が出戻ってくる」「親戚を引き受けなきゃならん」など、本当にやむを得ない事情で、優秀じゃない家族を会社で引き受けなければならない場合もあります。

 その時、本気で経営陣にしたいと思ったら、まずは「電話番」からきちんとやらせて、鍛えてください。

 なぜなら電話番というのは新規の取引先に一番近い場所にいます。電話というのは場数なので、回数をこなせばできてくるんです。

 まずは長話をさせてもいいから、取引先や取引先の担当者の癖などを覚えて、こうやれば買ってくれるんだな、こうやれば売れるんだなという事を覚えていきます。

 その中で、相手の困っている事を解決するのが一番だなって覚えるんです。

 電話番っていうのは下っ端の仕事ではなく、経営陣となっていくために、しっかりとお客様について理解する場所なのです。

家族の報酬は従業員の給与を超えてはいけない
次のページへ >>

2016年2月26日

同族経営 創業者 経営者 新規顧客 給与 役員報酬 電話 採用 取引先 家族経営

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。