節約 社長

起業

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

起業予備軍へ〜先輩社長も昔は皆カスだった

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

 起業したいけれど起業しない起業家予備軍の中には、「俺にはそんな能力が無いから、会社勤めをしているんだ。」と言う方が多くいます。しかし、今は立派な経営者に見えるあの社長も、この社長も、実のところ、...

投稿日:2017年6月14日

もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

夢に日付を入れても叶わない時代の成功概念

もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

 居酒屋のワタミを創業した渡邉美樹さんの本で推奨されている考え方の1つに、「夢に日付を!」というものがあります。夢をいつまでに達成すると日付を入れ、これを実行するために行動の具体的な日付まで設定し、...

投稿日:2017年6月8日

美女と野獣を求めるな〜身の丈に合った付き合いから始める起業のススメ

起業当初は美女と野獣を求めても意味が無い

美女と野獣を求めるな〜身の丈に合った付き合いから始める起業のススメ

 男女の恋愛関係で、おとぎ話「美女と野獣」が現実には成り立ちにくいように、ビジネスにおいても違うレベル同士の会社が付き合うことはまずありません。起業当初はどんなに頑張っても自分達の会社レベルが低い...

投稿日:2017年5月24日

サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

勤め人ビジネスで起業し失敗する人の共通点

サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

 サラリーマン時代と同じ業種のビジネスで起業する場合、それなりに経験があって、知識、技術、ノウハウがあるから成功する可能性が高い、と思う人が多いようです。しかし、初めて見るとなぜか上手くいきません...

投稿日:2017年5月15日

売上あがっていない経営者が休む?ゴールデンウィークはむしろ働き時だ!

売上あがっていない経営者のGWの過ごし方

売上あがっていない経営者が休む?ゴールデンウィークはむしろ働き時だ!

 起業して経営者になることは、時間を切り売りする安定した(と思われている)立場をやめて、付加価値を創り出して人を喜ばせることで、天井なしに収入をもらうことが可能な立場に変わることを意味しています。...

投稿日:2017年5月2日

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

新規事業で最強のペルソナとなるのは誰か?

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

 どんな人を相手に商売するのか?悩む場面は以外に多いですよね。解決策として「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」 といった具合にペルソナを設定するのですが、...

投稿日:2017年4月28日

本当に利益を出したいなら新しくゼロからつくるという発想を捨てろ

新しく0からつくるという発想はナンセンス

本当に利益を出したいなら新しくゼロからつくるという発想を捨てろ

 経営者や経営者を目指す人の中には「今までにない新しい商品やサービスを作って顧客を感動させたい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。ただし、本当に利益を出して儲けを作りたいならば、新しくゼロか...

投稿日:2017年4月21日

一瞬にしてカリスマとなり人に喜ばれるビジネスを始める方法

一瞬にしてカリスマとして起業する方法とは

一瞬にしてカリスマとなり人に喜ばれるビジネスを始める方法

 中小企業の経営者や個人事業主は、何かの分野でカリスマとならなければ、価格競争に巻き込まれてしまいますし、いつまでたっても指名をもらうことができません。どうしたらカリスマとして商売の入り口に立つこ...

投稿日:2017年4月11日

酒飲みで起業する?!脂の乗った4〜50代・酒飲み世代の経営者を攻略せよ!

4〜50代酒飲み世代の経営者を攻略せよ!

酒飲みで起業する?!脂の乗った4〜50代・酒飲み世代の経営者を攻略せよ!

 今、脂の乗った4〜50代の社長層は、若い頃から「酒を飲んで育った世代」です。しかし彼らの多くは、会社での地位が上がったことで恐縮され酒の席を敬遠されたり、若手が一緒に飲んでくれないなど、寂しい思...

投稿日:2017年4月6日

「生まれながらの才能」なんて他人の後講釈・結果論に過ぎない

生まれながらの才能は他人の単なる後講釈

「生まれながらの才能」なんて他人の後講釈・結果論に過ぎない

 成功している人は「生まれながらにして才能がある」と表されることが多いものです。確かに成功する人は「生まれながらの才能」を持っています。ただし、ここで言う才能とは単に他人の後講釈であり、結果論に過...

投稿日:2017年4月4日

貴方が起業家として成功するのを邪魔するドリームキラーとは?

成功を邪魔するドリームキラーに注意せよ!

貴方が起業家として成功するのを邪魔するドリームキラーとは?

 人間は自分と似通った人と一緒に集団を作って生きる特性を持っていることが、集団心理学では実証されています。もしも今いる集団と違う経済レベルで夢や目標を持ち行動しはじめると、今までいた集団の近しい人...

投稿日:2017年3月24日

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

ビジネスは予防型より解決型のモデルを選べ

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

 世の中には「ニーズがあるのに、売りにくい、なかなか売れないビジネス」が存在します。それは「予防型」のビジネスです。対して、「解決型」のビジネスは集客しやすく、成功確率の高いものとなります。事業を...

投稿日:2017年3月17日

批判され続けてきたからこそ伝えたい「批判をむしろ喜べ!」ということ

批判が来たらファンも増える。批判を喜べ!

批判され続けてきたからこそ伝えたい「批判をむしろ喜べ!」ということ

 経営者に向けて常にはっきりと明確で言い切り型のメッセージを発信する島倉さん。意外というべきか、やはりと言うべきか、驚くほど多くの批判的なメッセージを受けると言います。しかし、島倉さんはこれを全て...

投稿日:2017年3月9日

起業家でサラリーマン根性な人って何がしたいの?大衆は常に間違っている!

大衆の逆をやれ!大衆は常に間違っている!

起業家でサラリーマン根性な人って何がしたいの?大衆は常に間違っている!

 ビジネスにおける大衆はサラリーマンです。どれだけサラリーマンが大衆かというと、サラリーマンが88%、起業家が残りの12%と、圧倒的にビジネスの世界ではサラリーマンのほうが多いわけです。起業家には...

投稿日:2017年3月7日

成功した人が必ず一度はやっている“TTP”ってどんなこと?

成功した人が必ず一度はやってる“TTP”

成功した人が必ず一度はやっている“TTP”ってどんなこと?

 成功する人が必ず一度はやっているのは“TTP”?!PPAPでも無ければ何のこと?という話なのですが、経営コンサルタントの島倉さんによると、“TTP”とは「徹底的にパクる」の略語なのだそうです。成功する人は、必...

投稿日:2017年2月21日

【平成29年度版】東京で創業するなら必ず受けておきたい資金面の三大優遇制度

東京で創業するなら受けるべき資金優遇制度

【平成29年度版】東京で創業するなら必ず受けておきたい資金面の三大優遇制度

 創業時はとにかく資金調達面の苦労が尽きないもの。創業を検討しているなら、創業前にどのような形で資金調達したら良いか入念に下調べし、創業と同時に資金調達活動を行う必要があります。創業時の融資として...

投稿日:2017年2月16日

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

経営者なら仕事を平日と休日で区別するな!

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

 日本の労働概念では、平日(月〜金)は働く日、休日(土日祝日)は休みを取る日、という考えがすっかり浸透しています。しかし、経営者、特に駆け出しの経営者が、この考えから脱することが出来ない場合、それ...

投稿日:2017年2月10日

駆け出し事業者が「選ばれる会社」となるために実行すべき5つの打開策

売れたい駆け出し社長に必要な5つの打開策

駆け出し事業者が「選ばれる会社」となるために実行すべき5つの打開策

 駆け出し事業者である場合、自分達は頑張っているはずなのに、なかなか選んでもらえない現実があります。前の会社の看板もサッパリ役に立たず、営業したところで自分のことなど誰も知らない。このような状況が...

投稿日:2017年2月9日

小さな資本で稼げる商売を始める時の鉄則〜スタート時のビジネスモデルが大事

小さな資本で稼げる商売を始める時の鉄則

小さな資本で稼げる商売を始める時の鉄則〜スタート時のビジネスモデルが大事

 起業時にどんなビジネスモデルを選ぶかで稼げる額もある程度決まる、とキミアキ先生はおっしゃいます。いくら頑張っても、そんなには稼げないビジネスが数多く存在するからです。では、小さな資本で稼げる商売...

投稿日:2017年2月1日

40代からの起業は本当に遅いのか?中高年で見事に転身した3つの事例

40代中高年からの起業は本当に遅いのか?

40代からの起業は本当に遅いのか?中高年で見事に転身した3つの事例

 「起業するなら若い時の方がいい」というのが、起業に対する一般的なセオリーです。その理由は、たとえ失敗してもやり直しが効くから。これも正に真実です。確かに若い時の方が体力はありますし、発想も豊かで...

投稿日:2017年1月13日